Category Archives: 多重債務の日常

多重債務の日常

特典が満載なキャッシングとは?

Published by:

キャッシングができる消費者金融は複数あるため、これから始めてカードを作ろうと決めた際、どの消費者金融を選ぶべきか、迷ってしまうものです。そんな時には、それぞれの特典を比較して、一番得になるところを選ぶのが良いかもしれません。たとえば、初回のキャッシング利用時に、金利手数料が無料となる期間がある、そんなカード会社もあります。この期間は会社によって異なりますが、最長で30日間も無料期間を用意しているところもありますので、そういった特典を利用して、得に融資を受けることができるでしょう。 もちろん、基本的な金利手数料についても、どこが一番安いのかを、比較しておきたいところです。この他にも、審査が厳しいかどうか、返済がスムーズに行えるかなど、消費者金融を比較すべき点は色々とあります。それぞれのキャッシングローンについて、しっかりと比較をして、自分にとって一番利用しやすい、最適な会社を選ぶことが大切です。

多重債務の日常

キャッシングには貸越極度額という規定がある

Published by:

キャッシングは、外出先で急に現金が必要になった場合などに便利です。また、突然の出費の際にも重宝します。ただしキャッシングは、提携先のATMなどからお金を引き出すといっても借り入れになるため、規定の貸越極度額というものがあります。この貸越極度額の範囲を超えて借りることはできません。貸越極度額は、銀行あるいは保証会社による審査に従って決まります。審査の内容ですが、職種や勤続年数、年収、さらに年齢や家族構成などが対象となります。一般的に多くの金融機関が、満65歳もしくは70歳を超えた人に対して融資を行いません。審査に通った人が、貸越極度額の範囲内で借り入れる場合であれば、繰り返しの利用ができます。その他、担保にできる定期預金や国債等を持っていれば、例外的に貸越極度額を超えて借り入れることが可能です。キャッシングに関する様々な規定については、各金融機関によって発行されたカードローン取引規定に記載されています。

多重債務の日常

キャッシングの請求額や残高を確認する方法

Published by:

キャッシングを利用すれば後日に請求されたり、残りの利用残高が減ったりしますが、それを確認しないままでいるといきなり使用できなくなってしまって困ってしまう場合があると思います。 それを防ぐためにもキャッシングの請求額や残高を知っておかなければなりません。 どこのクレジットカードや消費者金融の場合でも公式ホームページから自分のIDでログインすると、そこからいくら利用したのかの確認ができます。 利用明細が詳細に書かれていますので、ここでしっかりと覚えておく必要があるでしょう。 パソコンがなくてもスマホからも確認できるようにしてある事が多く、業者のなかにはアプリも用意している所もありますのでダウンロードしていると便利です。 またご自宅に封書や利用明細を配達するようにしているのであれば、そこからも確認ができます。 これまでの細かい取引金額も見れるようになっていますので今後どのように使っていくかも考えられるでしょう。

多重債務の日常

キャッシングカードの暗証番号について

Published by:

消費者金融のATMで、融資を受けるまたは返済をするときにはキャッシングカードを使います。その際に入力が必要なのが暗証番号になります。消費者金融会社によっては、返済のときに関しては暗証番号入力が不要なところもありますが、融資を受ける際にはどこも4けたの番号を入力します。それから、インターネットで融資を受ける際や会員ページにログインする際も入力が必要になります。この際に注意しなければならないことですが、何回も番号入力を間違ってしまうとカードが使えなくなってしまうことです。その際には、連絡をしてカード再発行をしてもらうか番号変更の手続き等が必要になります。カードを再発行する際ですが、郵送で手続きすると時間がかかってしまいます。お近くの消費者金融の自動契約機で運転免許証などの本人確認書類を持参していけばカード再発行の手続きが可能です。契約するわけではありませんので20分程度で発行手続きができます。

多重債務の日常

闇金の取り立てで精神的に参りました

Published by:

以前どうしてもお金が足りないときに闇金から借金をしてしまい、金利が高い事も取り立てが酷いことも解っていましたが支払日までにお金を用意できず、電話で払えないことや支払を伸ばして欲しいという事を言うと大声で怒鳴られて今から行くぞと脅されました。

闇金の取り立ては一気に始まり、事前に伝えていた会社には永遠といやがらせの電話と金返せと書かれたFAXが届き続けていて、弟の家にも実家の両親宛にも電話が鳴り続けていて、もちろん私の家の電話も鳴りっぱなしで留守番電話にしておくとお経を流され続けました。

弟の場合は弟の職場にまで電話が掛かってきて、私の名前を出して働いていると言いがかりを付けて、会社が保証人になっているとか、無茶苦茶な嘘を言われ続けて次の日に弟は自主退職しました。

ヤミ金融の取り立ては酷いと解っていましたが、家に来るとかそういった事だと思っていたのですが巧妙にいやがらせされて、家族がメチャクチャになる事が溜まらず直ぐに支払いますと電話をして、親に借りたお金で支払いました。

すると取り立ては止まったのですが、翌日になると借りた元金をまた振り込んできて、来週までに再度利息を払うようにと脅しの電話があり、断るとまた怒鳴り始めて家族も追い込むぞと脅されました。

流石に怖くて震えが止まらなくなり、直ぐに警察に家族全員で駆け込んで被害を出し、その場で刑事さんに闇金業者へ電話してもらいましたが、その次の日もズッと留守番電話にお経が流れていたり、救急車が呼ばれたり、呼んでないのにタクシーが家まで来る始末です。

ヤミ金専門の弁護士に依頼すると取り立てが止まるのかどうか不安ですが、もう依頼するしかありません。

多重債務の日常

パチンコ依存症で多重債務。支払い地獄でした

Published by:

syakkinzigoku

子供が幼稚園にあがって、私もパートをするようになり、それなりに
時間や金銭的な余裕が出てきて、何か好きなことをしたいなぁと考えた時に
パート先の同僚に誘われて行ったのがパチンコ店でした。
それまでこういった場所には縁がなかったのですが、たまたまビギナーズラックで
最初に勝ってしまったのが運の尽き…私はすぐにパチンコに夢中になってしまいました。
専業主婦だったときにはこうやって自由にできる時間もお金もなかった反動で
自分のために使えるということ自体になんだかとっても
贅沢な気分になってしまったのもいけなかったと思います。
うちの夫はあまりギャンブルに対していい顔をしない人だというのが
わかっていたので、夫には内緒で…というのもなんだかドキドキしてしまい、
ハマってしまった原因だとおもいます。
楽しくなると、つい負けがこんでしまったときにもまだやりたい、
次にはきっと勝てるはずだと思ってしまい、自由に使えるお金がなくなっても
クレジットカードのカードローンでキャッシングしてまでパチンコしてしまいました。
今思えば、この時点ですっかりとパチンコ依存症になってしまっていたのでしょう。
一度お金を借りるということを覚えるとそこからは特に借金することに抵抗もなくなり、
他にも消費者金融などで借入をしたりしてしまいました。
しかし、パート主婦では借りれる限度額などたかがしれています。
すぐに借りれる分だけは全部借りてしまい、借金の返済にも困るようになってしまいました。
まさか自分がこんなパチンコ借金地獄に落ちてしまうなんて…
このまま返済が滞るようでは、借金返済の催促の連絡がきて、
夫にパチンコのことも借金のこともバレてしまうのでは?と、怖くなってしまった私は
慌てて、司法書士事務所に無料の相談に行くことにしました。
自己破産するしかないかと怯えていましたが、任意整理という方法で
借金額を減額してもらい残額を返済するということができると知り、
司法書士の先生に手続きをお願いすることにしました。
今は減額してもらった借金を分割で返済している最中です。
なんとか、今のところは夫にもパチンコのことや借金のことは
バレずにすんでいて、ホッとしています。
このまま完済するまでバレませんようにと祈る日々です。
もちろん、あんなにヒヤヒヤするのはこりごりなので、
パチンコはもう二度としないとすっぱりと辞めました。
パチンコに通わなくなった分だけ、パート時間を増やして少しでも
お金を稼げるようにがんばっています。

多重債務の日常

任意整理しても5年待てば住宅ローンの審査は通るらしい

Published by:

先日、やっと、任意整理した借金の支払いが完済しました。
思えば、軽い気持ちで銀行カードローンに申込をして借入してしまったあの時、
もう少しキャッシングを我慢していれば違う人生があったのかな?とうっすらと
思うことは今でもあるのですが、もうそんなことを考えても仕方ないですね。
もともとあった住宅ローンはそのままで支払っていくつもりなので、
完全にローンが終わったわけではないですけど、これでようやく心配で眠れない日々に決着がつきました。
一時はもう自己破産するしかないのか、ブラックリスト入り待ったなしなのか
マイホームを手放さないといけないのかと悩みはつきなかったのですが
運良く、弁護士事務所に無料相談に行ってはとアドバイスを貰えて
借金解決方法に道筋がつけれたのは本当に幸運でした。
手続きは一切、弁護士にお任せしたので、法律の知識がほとんどない自分でも
きっちりと動けて本当に安心しました。
それほど費用もかからなかったのも以外でした。
債務整理の費用ってかなり高額なイメージがあったものですから。
もちろん、任意整理をしたところで、それによるデメリットが全くないというわけではないです。
しばらくはクレジットカードを持つことができないなど、不便なことはあります。

でも、債務整理をしないと事態は悪化する一方だということは重々承知しています。
私ももたもた悩んでいた期間が長くて、借金が増えてしまったと思います。
実は最近、同じように借金に悩む同僚から相談をうけたのですが
彼にもすぐに借金相談をするようにアドバイスしておきました。
彼は大手消費者金融各社からいくつも借金していて、限度額いっぱいに借りているところもあるようで
多重債務で毎月の支払いがままならないそうなんです。
最近は消費者金融会社から会社に電話がかかってきたりすることもあるそうで四六時中、心の休まるときがないとのこと。
でも、今後、ローンが組めなくなると住宅ローンも組めなくて自分で家を持つことを諦めないと
いけなくなることが嫌で、債務整理に決心がつかなかったそうですが
私が任意整理と住宅ローンの関係は整理後5年ほどで、
それいこうは信用情報機関からブラックリストが消えるので通るようになると力強く
信じられない!と驚いていましたが、それについて調べてみると張り切っていました。
彼も借金問題が片付いて平和な日々を過ごせるようになるといいなと思っています。
まあ、自己破産だとそれこそ銀行などへの信用が0になってしまうので
確かに債務整理に対してそういうイメージを持つのも仕方ないかなと思います。
実際、私自身も、自分で任意整理をするまで住宅ローンの審査は通らないというイメージでした。

他のパターンでは、住宅ローン自体が支払えずに任意売却してしまうという人もいるんですね。。
債務整理で借金の整理するだけでなく、住宅ローンという借金を整理する、色々あると思いました。

多重債務の日常

リストラで無職になりバイトしながら消費者金融へ

Published by:

10年勤めた会社からリストラに遭い職を失い、休職手当もらいながらも再就職先は希望通り見つからずバイトし始めたのですが、あまりのブラック企業でのバイト生活に嫌気が指しバイトも転々とする様になりました。

その頃から消費者金融での融資を少しずつ借りていましたがリボ払いで安心したのか、少し入り用の時にはかなり大きな金額も借りるようになり限度額一杯に。

銀行カードローンは過去給料の受け取りをしていた東京三菱東京UFJ銀行で直ぐに融資を受けられたことで、他の銀行カードローンも手を出し完全な多重債務の生活を送っています。

バイトでは駄目だと思い条件の合わない再就職先も探していますが、リストラされたからの期間が長くなるとその再就職先も駄目なことが多く、年齢も手伝って全然就職できない。

消費者金融も借りれないし、本当に来月から支払いできません。

弁護士に依頼して債務整理する事にしたので、来月から取り立ては止まると思いますが、将来的に住宅ローンの審査や車のローンの審査が通らなくなったり、クレジットカードが作れなくなるのも気が引けています。