多重債務の日常

キャッシングには貸越極度額という規定がある

キャッシングは、外出先で急に現金が必要になった場合などに便利です。また、突然の出費の際にも重宝します。ただしキャッシングは、提携先のATMなどからお金を引き出すといっても借り入れになるため、規定の貸越極度額というものがあります。この貸越極度額の範囲を超えて借りることはできません。貸越極度額は、銀行あるいは保証会社による審査に従って決まります。審査の内容ですが、職種や勤続年数、年収、さらに年齢や家族構成などが対象となります。一般的に多くの金融機関が、満65歳もしくは70歳を超えた人に対して融資を行いません。審査に通った人が、貸越極度額の範囲内で借り入れる場合であれば、繰り返しの利用ができます。その他、担保にできる定期預金や国債等を持っていれば、例外的に貸越極度額を超えて借り入れることが可能です。キャッシングに関する様々な規定については、各金融機関によって発行されたカードローン取引規定に記載されています。